6月の「句会」お題を発表しました!|福岡の出張授業や国語出前講座をしています。

最新トピックス

6月の「句会」お題を発表しました!

2016/06/19

【西門教室の句会 6月】

~サラリーマン川柳のように楽しく、山頭火のように自由に~

 

今月のお題は…「カエル」です!

kaeru.jpg

おそらく日本一有名な俳句であろう松尾芭蕉の名作
「古池や
 蛙飛び込む
 水の音」
にも登場する、カエル。
 
一般的には「春の季語」とされることが多いそうですが、
現代人にとっては「梅雨や田植えの頃によく鳴いてる」というイメージが強いでしょう。
まあ、そもそも、梅雨入りや梅雨明け、田植えなども、南北に細長い日本列島においては地方ごとにだいぶん違うわけですし、温暖化が進めば季節感もズレてくるわけですし
あんまり細かいことは気にせず、いつも通り気楽に行きましょう。
(^-^)
 
余談ながら、いわゆる「アマガエル」なんかは特に縄張り意識が強いそうで、
「ここ、オレの寝ぐらやけん。」という感じで、いつも同じ場所に同じカエルが休んでいることが多いようです。
お腹が空いて狩りに出掛けていっても、狩りが済むとまた、同じ場所に帰ってくる。
この習性が、「カエル」というネーミングの語源になった
という説もあるほどだとか。
 
お馴染みのアマガエル、
「殿!」という風格のトノサマガエル、
声の低いウシガエル、
「ころ〜、けろ」と可愛く鳴くシュレーゲルアオガエル、
「日本一きれいな声のカエル」と評されるカジカガエル
などなど、
それぞれの個性も魅力的です!
 
「アタシ、両生類は苦手」というかたも、よかったらユーチューブなどでカジカガエルの鳴き声なんかを試しに聞いてみてください。カエルのイメージが、だいぶん変わるかも?(^^)
 
 
★締め切り:6月29日(水)
 表彰式:6月30日(木)
です。

 

 
投稿の方法:
「西門教室の句会」フェイスブックページ

の「6月のお題」の記事のコメント欄に、ご自由に書き込んで頂くか、

または、
メールアドレス y_shiromizu@me.com 宛てに送信して、投稿してください。

Page Back

ご予約・お問い合わせはこちら

Contact Tel:080-3978-4204 電話受付時間: 9:00~21:00 Mail Form

Gallery 活動の様子

九州西門教室
〒839-1405
福岡県うきは市浮羽町古川1082-1

全国出張OK!
国語出前講座を中心に出張授業や各種講座、セミナー、臨時講師など、承ります。
心から「楽しい」と思える学習をご提供致し、皆さまの学習のサポートを致します。

  • Tel:080-3978-4204 電話受付時間: 9:00~21:00
  • Mail Form

ページの先頭へ